防災関連のソフトウェア情報 【TYS】
〜オープンソース化を目指して〜
水理水文ソフトウェア情報はこちらへ
TYS-GISのソフトウェア情報はこちらへ
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Software HP
防災関連のHP:
www.disaster-software.net
GIS関連のHP:
TYS - GIS

SWMMとは、以下を参考にしてください。

一言で言うと、「EPAで作成された雨水流出管理シミュレーションモデル」だと思います。

 

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

アメリカ合衆国環境保護庁SWMM(Storm Water Management Model雨水管理モデル)は、主に都市および郊外の表面流出および地下流出の質と量に関する長期間のシミュレーションを用いた動学的降雨水量流出モデルである。SWMMに含まれる流出水や水系は、シミュレーションによって、蒸発浸透によって部分集水域から失われた量を計算した後の、降水や流出、汚染物質負荷を受容する部分集水域における集積量に作用している。SWMMのルートや水文学的構成は、流水や全ての水系を運搬しているが、閉管、開水路、貯蔵/処理装置、ポンプ、開口部、、調整施設などのシステムを通じたものである。SWMMは部分集水域で生まれた水質と水量を描き、流速、水系の深さおよびパイプを流れる水質は、可変速の時間ステップである。ベストプラクティスやLIDなどの手法を用いて水域系にある部分集水域からシミュレートされたSWMMは、アメリカ環境保護庁などの機関において幅広く使用されている。

なんと、このソフトを日本語化して行こうと作業を進めています。

プリンタ出力用画面 友達に伝える
コンテンツのトップ 次のページ
SWMMのインストールについて


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
SWMMモデルメニュー
 
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project :: FI Theme :: theme4u