防災関連のソフトウェア情報 【TYS】
〜オープンソース化を目指して〜
水理水文ソフトウェア情報はこちらへ
TYS-GISのソフトウェア情報はこちらへ
メインメニュー
ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Software HP
防災関連のHP:
www.disaster-software.net
GIS関連のHP:
TYS - GIS
HEC米国工兵隊水文工学センター(HEC)のソフトウェアは、原則として無償で公開しており、 Websiteからダウンロードできる主なソフトウェアは下記の通りである。
ソフトウェアはかなりの数が登録されて、専門家に使用されている。

表 HECの主なソフトウェア一覧
モデル名 概要
HEC-RAS 1次元河川水理解析モデル
HEC-GeoRAS HEC-RASのGISコンポーネント
HEC-HMS 降雨・流出解析(水文)モデル
HEC-GeoHMS HEC-HMSのGISコンポーネント
HEC-ResSim 貯水システム解析モデル
HEC-FDA 洪水被害解析モデル
HEC-DSS データベースシステム


上記のソフトウェアはこちらからダウンロードできます。

詳しくは、米国工兵隊水文工学センター(HEC)HydrologicEngineering Centers; HEC)のHP を参照してください。

また、ここで引用して文献は
1. 水資源GIS アプリケーションArc Hydro の概説と米国における事例紹介
2. 海外の水理水文水質シミュレーションモデルの開発運用体制
その他多数の文献が存在します。
Google等でHEC-RAS、HEC-HMSなんかで検索してみてください。

個人的な感想ですが、何がすごいかと言うと。
1. 無償で提供されている。
2. 国家レベルでソフトウェアの開発を行い、その影響は世界的に及んでいる。
3. 各ソフトウェア間で連携してデータ等を使用することができる。
などなどですが、 考え方がオープンなところがよいですね。

日本などでは、作ったソフトウェアについては省庁や民間ベースでクローズドで表に出てきませんし、価格もめちゃくちゃ高いですからね。
このHECのソフトが日本語化されてれば、もっと日本の技術者が使うんじゃないかと思います。

ソースは公開されていませんし、著作権等の問題があると思うので、マニュアルやチュートリアルについてのみ日本語化を行う予定です。

第一段階として、HEC-RASのマニュアル日本語案をtyswikiにアップしました。また、HEC-HMSの日本語案をtyswikiにあわせて、アップしました。

また、HECのソフトのGUIを参考にして、TYSのソフトウェアをブラッシュアップしていきたいと考えています。



プリンタ出力用画面 友達に伝える


投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。
HECモデルメニュー
 
Powered by XOOPS Cube 2.0 © 2005-2006 The XOOPS Project :: FI Theme :: theme4u